フジテレビ窮地!

 高岡蒼甫氏の一連の騒動以降、動揺しているのはフジテレビ社内だけではないことが判明。その件についてTwitterにて詳しく述べられており、今後の動向や広告出稿への影響が出そうだ。そんなTwitterの投稿をまとめたのが以下である。

 「月曜から沖縄に来ていたTV関係の知人が、例のフジテレビの騒ぎで慌てて帰って行った。局内よりもクライアントが動揺しているらしい。不買運動などが起こったら局としても命取りだ。そもそも高岡氏の発言は単なるきっかけで長年の局の放映姿勢がバッシングにあっているので収束の着地点が見えない」

 「確かにCXの韓国偏向報道姿勢は行過ぎな所があった。視聴者はそれを敏感に感じていたが、今回の高岡氏の件で溜まっていた不満がバッシングとなっていた。デモまで計画されているというから凄い。株主構成を考えればすぐには報道姿勢は変えられないだろう。だが広告出稿に影響が出るとそうはいかない。」

 「CXの韓国偏向の理由。株主構成≒広告主、K-popの権利関係が系列企業にある、安価な韓流コンテンツの費用対効果、等で局全体が親韓(反日)ムードの方向に進んでしまった。しかし放送という公的業務を生業としている限り偏向放映姿勢は糾弾されて然るべきだ。しかし今回の騒動は先行きが見えない」

 フジテレビの番組スポンサーについている企業としては、今回の騒動はかなりの痛手となっている。実際に視聴者からかなりの電話が来ているという。そしてネット上ではそんなスポンサー企業の不買運動なるものが行われており、掲示板にフジテレビスポンサーの一覧が貼られている。そうなると次に困るのは企業側で、スポンサーを降りるしかなくなってくる。

 そうなればフジテレビは新たなスポンサーを探すか、番組を打ち切りにするか、ほかの方法で対策するしかなくなってくるだろう。企業広告によって成り立っているテレビ番組。公共の電波を使い韓国ブームを“ゴリ押し”と受け止められてしまったツケなのだろうか。(編集担当:神谷善一)


エンタメニュースより


スポンサー一覧などが公表されており、スポンサーが困ってるようだ。
不買運動を恐れ番組を降りる話が上がってるという。

ヘイ×3は予定通りK-POP特集をやっていた、ある意味凄い。

高岡さん、この件まであまり知らなかった。

パッチギは見たんだけど、この人が出てたのは知らなかった。番長役?
ルーキーズも見てなかったし。

宮崎あおいさんの旦那さんって事は知ってたけど、顔と名前が一致してなかったし、
下の名前が「そうすけ」さんって初めて知りました。

フジの韓流押しはすごいものがあるけどね。
どうなんでしょ?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ジェラード
2011年08月01日 21:56
この記事って、本当なんですかね?HEY HEY HEYは収録済みで差し替えは出来なかったのでは(もっとも、そんなつもりもないかも)。ただネットでは、フジや花王、またロンブーの田村淳、茂木淳一郎などのバッシングは激しいですね。
2011年08月01日 23:17
★ジェラードさん

高岡さんのブログに感化された方が直接。調べてスポンサーに「何でフジテレビのスポンサーに付くのか?」という問い合わせを始めてるようです。
HEY HEY HEYは韓国人タレントの著作権を買い取ってるので契約通りに放送しないと元が取れないらしいです。
だから敢えて強硬放送したのだと思います。
フジテレビの番組に出てるだけで、何か言われるようになるのかな? それが心配です。
VS嵐とかスマスマ。
TBSに移動して「ひみつのVS嵐ちゃん」って合作。
有り得ないですね。すいません。 

この記事へのトラックバック