●中居正広の怪しい噂の集まる図書館~キスマイが再び鑑賞回/中居くん「いいちこ」

画像


今回もスタジオには藤ヶ谷くん。
メーンゲストにAKBから板野友美、柏木由紀、北原里英、峯岸みなみの4人が。ユニットではないよね??(よくわからないので)

■アニメ・映画の1回だけ伝説SP! 嫌な予感が。

あしたのジョー★【丹下段平の「立て!立つんだジョー」と言うのは1回だけ?】が白か黒か
またまた藤ヶ谷くん&玉森くんが派遣に。
なんと全126話(50時間分)ですって。早送り可なのだけど。
玉「がんばろう!」
藤「あんまり居残るとロクな事ないからね
試合のシーンまで早送りする作戦で行くキスマイ。
段平「立て! 立たんかジョー
藤「立たんかジョー!?」惜しい、誠に惜しい。
第14話でこの台詞が出たのだが。
再度この台詞が出てくれば黒となり検証は終了するのだ。
第39話で期待したが「立て!立つんだジョー」は力石の声だった。
第49話で、玉「段平さん、言え!」
段平「立つんじゃねぇ、ジョー!
2人「『立つんじゃねぇ』か!」とハモった。
後半に「立て!立つんだジョー」と段平さん。
玉「来た!来た!来た!来た!」
藤「言ったよね?」
玉「言ったよ、今絶対」 という事でこの伝説は黒(ウソ)
エンディングにこの台詞が入ってた為、浸透した模様。

巨人の星★【星一徹がちゃぶ台をひっくり返したのは1回だけ!?】
今度は藤ヶ谷くんに助っ人が、千賀くんと横尾くん
182話だってさ。
ちゃぶ台と一徹が怒ってるシーンまで早送り。1話にはちゃぶ台すら出て来なかった。
藤「何時に終わるよ」
横「こんなゆっくり見てていいの?」
第2話でちゃぶ台登場。四角いちゃぶ台だ。
早くも2話でちゃぶ台をひっくり返した。
藤「もう1回あった場合はこのウワサは違うってなる、ロケ終了ですよ」と2人に説明。
第20話までに2度のチャンスがあったが、飛雄馬が家から飛び出してしまう為、ちゃぶ台ひっくり返すまで行かず
藤「お前が行くとひっくり返せないんだよ」3人が各々ぼやき始めた。
埒が明かないので3人で分担チェックとなった。早送りしてる間に飛雄馬がすっかり大人になっていた。(爆)
なんと、ちゃぶ台のあるはずの実家が取り壊されていた。
開始から9時間のキスマイの疲れた顔。そりゃ疲れるわ。
スタッフから景気づけに用意されたのはまたもや、コスプレ用具。
千賀くんが飛雄馬、藤ヶ谷くんが明子姉さん、横尾くんが一徹、なんじゃこれ。
10時間も頑張りました。結果は白でホント
これもエンディングの影響で浸透していたようだ。
キスマイがコスプレして巨人の星ごっこしてるのが流れてた。

13日の金曜日★【ジェイソンがチェーンソーを使ったのは1回だけ!?】コレを検証はきついかも。

これは玉森くん、藤ヶ谷くん、横尾くんが検証。たいぴー3回なんてかわいそう。
12作品(18時間)だって。
玉森くんの様子がおかしくなった。恐怖の顔だ~~。ビビりまくってました、かわいい。
1作目は母親だったんだよね、殺人してたのは。(観た記憶が)
残虐シーンなので放送できない為、玉森くんのお顔でお楽しみくださいとな。あはは。
5作目でチェーンソー出現。
藤「逆に(ジェイソンが)チェーンソーで襲われているからね」
7作目、とうとうか。と期待したら、芝刈り機だった。
藤「何だよ!
最終話は玉森くんがフレディのお面被らされてた。
なんと、なんと終了してしまった。
玉「え~ウソでしょ? ここまで見て
1回も使ってないじゃん。噂は黒(ウソ)
ゲストの貴理子さんが予想で「悪魔のいけにえ」等とで錯覚してるんじゃない?って言ってたのが正解だった。

★焼酎10種類を飲んで「いいちこ」を当てられるか!? だった。中居君挑戦。

中居くんは「いいちこ」を愛して病まない。利き酒だ。「いいちこ」は2個、隠されている。
1杯目は2秒で「違う」と断言。次から次へと即答。
飲んでいく内に酔っ払ってるし。
で5番は「いいちこ」だったんだけど、何度も悩んで飲んでたけど見事に正解。
6、7も違うと正解していった。
8番が「いいちこ」と同じ大分県の麦焼酎、安心院蔵、プロでも難しいとな。
怪しいな」と悩みつつも、「近いけど、違うわ」。これも正解。
あと二つ。でも中居くん酔ってるし。雑になって来てるし。
9番は「いいちこ」なのに、「違う」と判定しちゃって終了。もったいないねぇ。噂は黒(ウソ)に
酔って、管を巻き始めちゃった。
劇団ひとりさんに怒られてた(冗談でだけど)。

締めは後輩の藤ヶ谷くんが任されちゃいました。


角型ちゃぶ台 T-2036
市場 (Marche)

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 角型ちゃぶ台 T-2036 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック